なぜ寒天は腸内環境に良いのか

なぜ寒天は腸内環境に良いのか

ゼリー状の食品は、腸内環境に良いものが多々見られます。ゼリーにも色々な種類がありますが、和風のゼリーと言えば寒天ですね。寒天は、実際腸内環境にはとても良いです。

 

寒天の食物繊維がお腹の環境を良くする

 

ではなぜ寒天がお腹に良いかというと、それには2つの理由があります。まず1つ目の理由ですが、その中には食物繊維が非常に多く含まれているのです。
食物繊維の働きは、お腹の掃除をしてくれることですね。お腹の中がちょっと汚れてしまっていると、もちろん腸内環境は悪くなってしまう傾向があります。掃除をしてくれれば、もちろんその逆の傾向があります。ですのでお腹の調子があまり良くない時には、寒天などはオススメの食品の1つですね。
ちなみに洋風のゼリーの中にも、食物繊維は非常に多く含まれています。あれも腸内環境にはとても良いのですが、寒天もそれは同様なのですね。

 

善玉菌を活性化してくれる寒天

 

それと寒天は、お腹の中の善玉菌にも働きかけてくれると言われています。善玉菌はお腹の環境を整えてくれるという話は、テレビなどでご存知の方々も多いかと思います。寒天はその善玉菌を増やしてくれる働きがあると見込まれているのです。
そして善玉菌が増えれば、もちろんお腹の中は善玉寄りみになってくれます。悪玉よりではありませんね。それでお腹の中の有害物質が徐々に減ってくれますので、腸内環境が良くなると見込まれているのですね
ですので寒天は、オススメの食品の1つですね。ちょっとお腹の具合が悪いならば、寒天を食べるという判断は間違っていないと思います。新年会や忘年会や飲み会などでお腹の調子があまり芳しくなかったり、今一つお通じの具合が良くない時には、寒天などを食べてみると良いでしょう。