なぜセルロースは腸内環境を整えてくれるのか

なぜセルロースは腸内環境を整えてくれるのか

私たちが日々食べている食品の多くには、セルロースが含まれています。
例えば、ごぼうや豆類などには多くのセルロースが入っていますね。それと日々の食品に不可欠なでんぷんなども、実はセルロースの1つと言われています。そのセルロースは、しばしば腸内環境に関わってきます

 

腸の壁を刺激して環境を整えるセルロース

 

まずセルロースには、膨張するのが特徴です。食品の中に含まれているセルロースに水分が与えられますと、ちょっと膨張する性質を持っているのですね。
その膨張したセルロースが大腸や小腸を通過する際には、腸の壁を刺激する事が多いと言われています。その刺激で大腸や小腸が活発に動いてくれて、腸内環境が良くなると見込まれています
ちなみにこんにゃくなども、腸内環境には良い効果が見込まれますね。あれはマンナンが腸の壁を刺激する事で、環境を良くしてくれると見込まれているのですが。ですのでセルロースは、ちょっとマンナンに似ている一面もありますね。

 

デトックスで腸内環境を良くしてくれるセルロース

 

またセルロースには、デトックスの効果もあると見込まれています。そもそもお腹の中には、色々と有害な物が入っているのです。発癌性の物質などもありますし、ウイルスなども多く生息していますね。セルロースは腸を通過する際に、それらの有害物質を吸着してくれる性質を持っているのだそうです。それで腸内環境が良くなると見込まれています。
ちなみにセルロースは、しばしば乳酸菌のサプリメントにも用いられています。それはやはり乳酸菌の製品を作っているメーカーが、セルロースを高く評価しているからだと思いますね。
ですのでお腹の環境を整えたい時には、普段の食材でセルロースを意識してみるのも良いと思います。